下関初  クラフトビール 販売始めました! “障害者が働ける地ビール工場プロジェクト” ≪事業主 NPO法人 シンフォ二―ネットとは≫ 2007年、障害をもつ子どもを育てている保護者が集まり、行政・医療・教育・地域企業など、多方面の支援、協力を頂きながら、自閉症や発達障害など当人・保護者と共に、外出支援や生活の中での必要な生活力を促す支援など、当時としては珍しい様々な支援を行いました。 2014年、下関市の「空き家リノベーション事業」により、新地町にある旧耳鼻科のリノベーションに携わり、mimihana カフェとして、1年間一般のカフェを運営。 2015年、カフェを引き継ぎ、障害者就労継続支援B型事業所としても運営を始めました。 現在は、障害者の利用者登録数約40名。実働1日あたり平均14名。カフェ業務・内職・オリジナル雑貨制作販売をしている。店内販売だけでなく、地域イベントなどにも意欲的に参加しています。2020年「みみはなふぁくとりー」をオープン。クラフト発泡酒の工房「Sounds Good Brewery」も始動しました。
泡で下関を盛り上げよう!!

下関初!下関のオリジナルクラフト発泡酒工場を創りました。下関市産の新たな産品を生み出すことで地域振興をはかり、工場に障害者を雇用することで、障害者の働く場所を…。居場所を作りたいという思いを形にしました。

働く幸せ
【人間の幸せは人に愛されること。人に褒められること。人の役に立つこと。人から必要とされること】の四つです。働く事によって、愛以外の三つの幸せは得られるのです。その愛も一生懸命働くことによって得られるものだと思う」
日本理化学工業株式会社 故 大山泰弘元会長

障害をもっていても人が望む事は同じなのではないでしょうか?


※20歳未満の方のご注文はお受けできません。
※飲酒運転は法律で禁止されています。
※妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。